切手を売る時に気をつけること

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手を売る時に気をつけたいことはなんでしょうか?

 

かつて切手収集は趣味の王道でもあったぐらい、非常に人気がありました。
1960年代の日本では空前の切手ブームが到来したこともあり、今や懐かしの趣味となっていますね。

 

ご自身が子供の頃に趣味としていた方や、実家に帰ればご両親が大切にしているコレクションがある、という方も多いのではないでしょうか?

 

切手収集は昔の大ブーム期と比べると衰退気味の傾向にはありますが、現在も熱心な切手コレクターからの需要があるので買取でも人気があるアイテムの1つです。

 

切手の買取は積極的に行っているところが多いので、「こんな古い切手売れるのかな?」と思っていても意外に高く売れる可能性もあります。
なぜならば、切手はどれだけ古くてボロボロでも値がつくことが多いのです。

 

同じ切手で状態が良いものと悪いものでは、もちろん状態が良いもののほうが高値はつくので、保存状態を良くしておくことは切手を売る時に気をつけることではあります。
ですが、プレミア切手だと多少折れてしまっていたり、傷や変色があっても高く売れることは多いです。

 

ですので、もし不用になったコレクションがあったら絶対に捨てずに、まずは査定だけでも出してみるべきだと思います。

 

切手の買取額は各社によって異なります

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

ただ、切手は買取業者によって査定額が大きくことなるものです。

 

同じ切手なのに、A社では50円、B社では1,000円なんてことはザラにあったりします。
切手の本当の価値を知らないリサイクルショップなどでは高い買値は期待ができないでしょう。
また、業者も少しでも低い値段で買い取りたいというが本音です。

 

ですので、切手を売る時に気をつけたいことは
「切手の価値をわかってる切手専門買い取り業者に何社か査定をしてもらって、高い査定額をつけてくれたところに売る
以上のことがとても重要です。

 

切手を専門的に扱っていて、なおかつ実績の確かな買取店を少なくとも2〜3社以上選び、その中で一番高い金額を提示してくれたところに売るという方法を行えば、少なくとも安く買い叩かれることはないでしょう。

 

でも、どの買取業者を選べば分からない・・・という方もいらっしゃるかと思います。
そこで、切手専門買い取り業者の口コミを集めてランキングにしてみました。
切手を1円でも高く、信頼のおける業者に売りたい方のご参考になれば幸いです。


切手の価値について。高く売れる切手はどれ??

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

普通切手、記念切手、希少な切手など、切手はある程度の種類に分類することができますが、その中でも価値の高い切手というものが存在します。

 

切手買取をお考えでしたら、価値の高い切手について多少知識があれば買い叩かれるリスクも軽減できます。
また、ご自身が納得のいく取引をするためにも便利なので覚えておくと良いと思います。

 

こちらでは普通切手・記念切手・希少な切手について、価値の高い切手とはどんな切手なのかご紹介いたします。

 

普通切手の価値について

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

普通切手は主に郵便料金の納付を目的として発行された切手の事を指します。
日頃、私たちが封書やハガキなどを出す時に使用するものなので、一番身近な存在です。

 

現在の日本においては、葉書料金52円、25gまでの定形封書料金82円、50gまでの定形封書料金92円、50gまでの定形外封書料金120円、100gまでの定形外封書料金140円、速達料金280円、簡易書留料金310円などの郵便料金を支払う必要があります。
それぞれの郵便料金に対応できるように郵便局では多数の額面の普通切手が用意されています。

 

普通切手の図面には郵便制度の父「前島密」の肖像画や、ウメやソメイヨシノ、ニホンカモシカなど日本を代表する動物や草木などが採用されています。
皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

 

普通切手は売ることは出来るの??
よく「普通切手は買取して貰えないのでは」と思われる方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。
現在発行されている普通切手でも一定の倍率で買取してくれるところは多いです。

 

普通切手・記念切手・希少な切手の中では普通切手が一番買取額が安いのでは?と思ってしまうかもしませんが、意外にそういうわけでもなさそうです。
実はコレクターが収集目的で購入する記念切手に比べると、普通切手は幅広く需要があるので、高値もつきやすい傾向にあります。

 

法人が経費削減のために切手買取業者からまとめて購入するというケースも多いみたいですね。

 

ちなみにバラよりもシートのほうが需要が高く高値買取される傾向にあります。
可能な限り切り離さずに、また破れたり切れたりしないように丁寧に保管しておきましょう。

 

記念切手の価値について

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

普通切手、記念切手、希少な切手の中でも特に種類が多く、買取市場に多く出回っているのは記念切手です。
記念切手は国家的行事を記念して発行される切手の事です。

 

他にも似たような種類の切手で、地方自治体や企業などによって特定のテーマに沿って発行される「特殊切手」というものもあります。
ですが、最近では「記念切手」というカテゴリーに「特殊切手」という1ジャンルがあるという認識が定着してきているので、ここではまとめて記念切手として扱います。

 

記念切手は発行枚数が決められているので、あっという間に完売してしまうことがあるようです。
コレクターによる収集目的や投機目的で購入される方も多いようですね。
人気があって中々手に入れることが難しい記念切手はプレミアがついているので、切手買取業者も積極的に高い買取価格を提示します。

 

とはいえ、記念切手はとにかくたくさんの種類があるので買取価格に関してはバラ一枚で数万円を超えるものから額面以上の価値のないものまで、ピンからキリまでです。
そこの違いは、どれだけ希少なものであるかという点にあります。

 

記念切手は、単純に言ってしまうと発行枚数が少ない希少なものであればあるほど買取価格は高くなります
中には販売期間や販売される郵便局、使用可能期間も限定されているものまであるそうです。
そういった記念切手は言うまでもなく高値がつきます。
いくら古い記念切手でも発行枚数自体が多ければ希少な切手とは言えないので買取価格は安くなってしまいますのでご注意ください。

 

希少切手の価値について

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

他にも希少な切手と呼ばれるものには、印刷版の消耗やミス発行などのいわゆる「エラー切手」というものもあります。
切手の印刷版に異物が付着しているのに気付かず印刷されてしまったものや、何らかのトラブルで色が抜けてしまったり、ずれてしまったものなどです。
こういったものは中々素人がパッと見ただけでは分からなかったりするのですが、逆にそこが切手愛好家には好まれるようです。

 

普通切手、記念切手、希少な切手についてご紹介してきました。
とにかく切手には色々な種類があるので素人では中々その価値を判断することが難しいのですが、買取業者もきちんと鑑識眼のあるところを選ばないと損をしてしまうことになります。
せっかく高値で買い取って貰える切手が手元にあったとしても、その価値に気付いて貰えなかったら適正な価格で取引が出来ないですよね。

 

最近はたくさんの切手買取業者がありますが、査定にかかる手数料は一切かからないというところも多いです。
中には出張買取などをやっているところもありますので、もしお手元に切手がありましたら一度査定だけでもお願いしてみてはいかがでしょうか?

 


切手を売るなら郵便局、宅配買取、質屋、出張買取のどれが良い?

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手買取なら郵便局、宅配買取、質屋、出張買取の一体どの方法が一番良いのかと悩みますよね。

 

そこで、それぞれの買取方法の特徴を掴み、自分に最も適する方法を選んでいただくために、このページでは切手買取で郵便局、宅配買取、質屋、出張買取のそれぞれでのメリットやデメリットなどについてご紹介していきます。

 

郵便局

 

まず最初に、郵便局で切手の買取というものは行っていません。
正確にいうとはがきなどの同額商品と「交換」という形になります。
しかも、現金での手数料がかかります。

 

価値が額面以上になることはまずないですし、手数料を払うことを考えるとむしろ損をしてしまう方法となります。
例外として、親戚の不幸などによって年賀切手を利用できなくなった場合は、年賀切手を通常切手や弔事用切手に手数料無料で交換できるようです。

 

宅配買取

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手買取で持ち込み、宅配、出張で一番おすすめなのはインターネットを使った宅配買取です。
宅配買取は公式ページなどから申し込みをすると宅配キットを送ってくれるので(無料のところが多いです)、それに買取して貰いたい品を入れて送るだけです。
インターネットなので24時間いつでも好きな時に申し込み出来ますし、梱包して発送する作業も自分の都合のいい時に行うことが出来ます。

 

ちなみに切手だけではなく色々な品を査定して貰えますので、同時に依頼することも可能です。
数日後には査定結果が出ますので、結果に応じて売るか売らないかを自由に決めることが出来ます。査定にかかる費用などは一切かかりません。

 

売らないとなった場合の送料も無料で返却してくれるところもあります。
ですので、とりあえず手元にある切手がどのぐらい価値のあるものなのかどうか知りたいという場合にも気軽に査定を依頼できます。

 

質屋

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

一方で査定結果だけではなく切手の価値などについて査定員から直接説明が聞きたいという方には宅配買取はやや不向きであるかもしれません。
そういう方は目の前で査定してくれる質屋への持ち込みか出張買取がおすすめです。

 

どちらも日時を予約する必要はありますが、質屋への持ち込みの場合は飛び込みでもやってくれるところが多いです。
外出ついでにふらっと寄るという方も結構居るみたいですね。
ただし、先客がいる可能性もありますので気になるならば予約をしてもいいのではないかと思います。

 

質屋のメリットは「何かの用事のついでに査定もお願い出来る」なおかつ「査定員と直接話ができる」という点にあると思います。
逆にデメリットとしては持って行かないといけないので手間や時間がかかるということです。

 

切手アルバムが多かったりバラの切手が多いと、かなり時間がかかってしまうので待たされますし、場合によっては一端預かって貰ってから後日また来店するというケースもあるようです。
また、切手買取で持ち込み、宅配、出張で他社との相見積が一番大変なのが持ち込みです。
あちこち出歩かないといけないので、時間も労力もかかってしまい、あまりおすすめ出来ません。
できるだけ高く切手を売るには、やはり他社と査定額の比較をする必要があります。
なのでこの方法だとちょっと不利かな・・・と感じます。

 

出張買取

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

その点、出張買取でしたら家に居ながら査定して貰えるので相見積はしやすいかと思います。

 

こちらもインターネットや電話で都合の良い日時を予約し、あとは来て貰うだけです。
宅配買取のように梱包をする手間もないところが出張買取の良いところですね。
目の前で説明をしてくれながら査定もしてくれるので、色々聞いて納得したいという方にはおすすめの方法です。

 

しかし、出張買取は悪質な業者に当たると厄介です。
価値ある財産を二束三文の値段で強引に買い取る「押し買い」などはいろいろと問題になりましたよね。

 

特に、日中一人でいる主婦や人がよくて断ることができない方などをターゲットにしているみたいです。
2012年に特定商取引法が改正になり新しい規制も持ち込まれることになりましたので、現在はそういった心配もあまりしなくていいとは思いますが、やはり知らない人を家に上げるわけですから少なからず不安はありますよね。。

 

出張買取を依頼するなら、絶対に信頼できる優良な買取業者を選ぶべきです。


口コミの良い切手買取店の探し方

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手の買取額は、それぞれのお店の鑑定士が相場を基にし、市場の中での現存数などにより金額が決まります。
そのため、切手に関する知識はもちろんのこと、相場や市場の動向などに精通した鑑定士による査定を受ける事が大切です。

 

ではどのように切手買取で口コミや評判の良い買取店を見つけたらいいのか?
今の時代はインターネットという便利なものがあるので、切手買取の口コミや評判の良い買取店についての情報は簡単に調べることが出来ます。
買取店を探すにあたってチェックしておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

切手の買取相場

公式ページに過去の切手買取例などが記載されていることがありますので、他社と比較するなど参考にしましょう。
それを踏まえて、切手に関する専門的な知識があるのかどうかも判断できると思います。

 

切手の買取方法

持ち込み、出張、宅配など買取店によってどの方法で行っているか、また何を強みにしているかは違います。
自分に合った買取店を選びましょう。

 

切手の買取にかかる費用の有無

 

持ち込み、出張、宅配いずれも査定にかかる費用は無料のところが多いですが、買取店によっても違いますので調べておきましょう。
特に宅配買取の場合、査定後のキャンセル時の返品送料など発生するところもあります。

 

切手の買取の種類

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

どのような切手を買取しているのか。例えば使用済みの切手は不可、バラ切手は不可としているところもあります。
過去の買取例などを参考にしてもいいでしょう。

 

また、シミ汚れや折れのついた切手などダメージのある切手も、買取店によっては切手の種類やダメージの程度によって買取不可としているところもあります。

 

このようなポイントを押さえておけば、切手買取で失敗するリスクも軽減できるのではないかと思います。

 

「少しでも高い金額で切手を買ってくれる店を選びたい」「信頼できる買取店に売りたい」「なるべく時間をかけずスムーズに売りたい」など、優先したいポイントはそれぞれ違うかと思いますが、切手買取の口コミや評判などを調べて参考にされるのもいいのではないかと思います。

 

切手買取体験談やおすすめの買取業者の特徴などをまとめた口コミサイトなども多数存在していますので、是非ご活用ください。

 

 

切手買取の体験談まとめ!評判がよい買取業者の特徴とは?

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手買取の体験談は、買取業者のホームページからは得ることの出来ない情報がたくさん詰まっています。

 

ホームページには、「高価買取に自信があります」「お電話いただければすぐにお伺いいたします」など、どこも査定依頼をして貰いたいが故に良いことばかり書いてあるはずです。

 

このように上辺だけの情報のみでは、どこの買取業者を選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。
切手買取業者はたくさんありますが、本当に一番高く買い取ってくれるところはどこなのか、信頼できるところはどこなのか、特に初めて切手買取をお考えの方は色々と気になるのではないかと思います。

 

その点、切手買取の体験談は利用した人のリアルな感想なので、良いことも悪いことも全て書いてあるので非常に参考になると思います。
利用してみないと実際のサービス内容や業者の雰囲気などは分かりませんし、もしかしたらホームページには載っていないお得な情報などもあるかもしれません。
切手買取の体験談を色々とチェックしていると、良い買取業者にはどのような特徴があるのか、ある程度分かって来ます。

 

買取実績が多い

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

まずは、買取実績が多いところを選ぶのが良いということです。

 

買取実績が多いということは、当然利用者数も多いということですから、それだけ評判が良いということになります。
利用してみて満足のいく取引が出来たらまた利用したいなって思いますし、他の人にもおすすめするので評判が評判を生んでどんどん利用する人が増えていきます。
大手の切手買取店が人気なのは、恐らく安心して利用できるという理由からだと思います。

 

また、買取実績が多いところは査定をする査定員がベテランである場合が多く、安心して利用できるという点もメリットです。

 

いろんな買取方法から選べる

二点目に、買取方法が持ち込みだけではなく、出張や宅配なども行っているところは利用者の満足度が高いようです。

 

どちらも家に居ながら査定して貰えるというメリットがあるので、手間がかからず時間を有効に使えると評判がいいみたいです。
中々家を空けられないという方や、近くに切手買取をしてくれる店舗がない方もこの方法なら気軽に利用できますね。

 

スタッフの対応や雰囲気

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

三点目として、いかに査定員が誠実に対応してくれるのかということです。

 

これについては切手買取の体験談をチェックしていると、査定員の対応や雰囲気なども知ることが出来ます。

 

例えば、親御さんが収集していた切手を出張買取でお願いされた方の体験談を読みました。
切手の知識が全くないその方に、一枚一枚丁寧にこれはどんな切手でいくらぐらいの価値があるのか親切に教えてくれたといいます。


切手を売る方法について

切手を売る方法は切手買取業者以外にも、金券ショップやオークション、フリマなどがあります。
切手を売る方法で最適なのは、どんな切手を売るかによっても変わってくるかと思いますし、何を優先させたいかによっても変わってくるかもしれません。
このページでは、切手買取業者を利用する方法以外の金券ショップ、オークション、フリマなどで切手を売る際のポイントや特徴についてご紹介します。

 

金券ショップで切手を売る方法

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

金券ショップで切手を売ったり買ったりするイメージってあまりないかもしれません。
実は金券ショップでは切手の販売、買取も行っていて、私たちが普段よく使う62円や82円などの普通切手はもちろんのこと、
2円切手や10円切手などの少額の切手から120円や140円、500円の切手など幅広く取り扱っています。
ただし、金券ショップによっては取扱っている切手の種類などが異なる場合がありますので、事前にお調べいただくとスムーズかと思います。

 

買取相場の数字からもお分かりいただけるかと思いますが、金券ショップで切手を売るならバラよりもシートのほうが高く買取して貰えます。
高価買取のポイントは「なるべくまとめてシートで売ること」ということです。
金券ショップでは普通に郵便局などで切手を購入するよりも安く手に入るので、大量に切手が必要な企業などが経費削減の為に購入することも多いようです。
大量の切手を取り扱う為、使用するにあたって枚数などの管理がしやすいシートのほうが需要があるというわけなんですね。

 

ただ、注意したいのが金券ショップは切手の買取専門業者ではないという点です。

 

先程も述べましたが、金券ショップでは基本的に額面ごとで分けており、実用的な普通切手などを流通させて利益を得ています。
それに対して、切手買取業者は古い切手や珍しい切手などの額面以外の付加価値を見出して、切手愛好家やオークションへ売って利益を得ています。
ですので、金券ショップで買取不可だった古い切手は切手買取業者に依頼すると思わぬ高値がつくことがあります。

 

切手によって買取先を選ぶ必要がありそうですね。

 

リサイクルショップで切手を売る方法

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

ではリサイクルショップではどうでしょうか?
不用品を手放したい時に利用するリサイクルショップで切手を売ることができるでしょうか?

 

調べてみたところ、街のリサイクルショップでも切手の買取りはされています。
買取り相場としては、普通切手であれば額面の80%くらいのお値段で買い取りが成立しているようですね。

 

ただ、リサイクルショップは生活用品全般を買い取り対象としており、切手の買い取りを専門としているわけではありません。
家電や自転車、おもちゃ、ギフト券、金券などを取り扱い、それぞれに明確な買い取り基準を設けているところが多いようです。

 

つまり、切手の価値を見極めて査定額を決めているのではなく、あくまで額面から計算した買取り額になるお店がほとんどです。
もちろん、それがリサイクルショップに切手を売るメリットでもあります。
一般的に使われているアンティーク価値のない切手であっても、一律の掛け額から買い取り学を算出してもらえるのは金券ショップやリサイクルショップの大きな利点だといえます。

 

ただし、もし持っている切手が価値のあるものだった場合、近所のリサイクルショップに査定をしてもらい、お店の言い値で売ってしまうのはもったいないです。
額面からの買取りがほとんどであるリサイクルショップには、間違っても持っていってはいけません。

 

切手を売る時にリサイクルショップを選ぶかどうかは、お持ちの切手がプレミア切手あるかないかで選ぶことをおすすめします。

 

オークション、フリマで切手を売る方法

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

基本的にオークションもフリマも、インターネットを介して個人間でやり取りをします。
フリマは出品する際に自分で価格を設定することが出来るので、その価格で購入したいという人が現れれば取引成立です。

 

オークションはフリマと同様、出品時に開始価格を設定しますが、入札があるごとに価格が吊り上がっていくシステムですので買取業者を利用するより高く売れることがあるようです。
自分が希望する金額で売ることが出来るのがオークションやフリマの良いところであると思います。

 

オークションの本家本元であるサザビーズでは、2014年に世界で1枚しか存在が確認されていない貴重な切手が日本円で9億7000万円の世界最高額で落札されたことは切手好きの間では有名な話です。
これは稀なケースではありますが、やはり希少なプレミア切手であればあるほど需要がありますので、高値買取を目指すならオークションやフリマを利用するというのも一つの手かもしれません。

 

ただ、自身が出品する切手に関してきちんとした知識を持っていないと損をしてしまう可能性もあります。

 

売りたい切手の相場を把握していないと破格の安値で出品してしまい大きな損をしてしまったり、その切手の価値にあまりにも見合っていない高値で出品して誰でも購入してくれない・・・などという恐れがありますので注意が必要です。

 

切手って郵便局に買い取って貰える?

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

郵便局で切手を買ったものの、無駄に余ってしまった切手をどうしようかと困ってしまったことはありませんか?

 

郵便局では未使用の切手に限り、一定の手数料を払ってその他の切手やはがきなどと「交換」をしてもらうことが出来ます。

 

具体的には、その他の種類の切手やはがき、郵便書簡、特定封筒などの商品と交換してもらえます。

 

ただし手数料の発生には例外もあって、親戚の不幸などによって年賀切手を利用できなくなった場合は、年賀切手を通常切手や弔事用切手、
くじ引番号付き郵便はがき以外のはがきや郵便書簡、特定封筒にも無料で交換が可能です。

 

ただし、未使用の切手であっても汚れがあったり破れている場合には交換不可となってしまいますのでご注意ください。

 

手数料はそれぞれ交換する商品によって異なります。

 

はがきの場合

1枚5円の手数料が必要です。
52円の切手1枚でしたら52円のはがき1枚と交換して貰うことが出来ますが、別途5円の支払いが現金で必要となります。

 

先日、郵便料金が改定され現在はがきは10円値上がりして1枚62円となりました。
ですので、52円切手を郵便料金改定後の62円はがきに交換してもらう場合、10円の差額を払い、さらに5円の手数料を払って計15円追加で支払うことになります。
これでは普通に10円切手を購入したほうが安くなってしまいます。

 

郵便書簡の場合

郵便書簡とはミニレターのことではがきの3倍のスペースを持った封筒兼用の便せんです。
写真、メモ等で薄い物は同封することができます。
短めの手紙などを送る時に向いていますね。

 

切手を郵便書簡に交換する場合は、郵便書簡1枚につき10円の手数料がかかります。
郵便書簡は1枚62円なので、52円切手と交換してもらう場合は10円の差額と10円の手数料で合計20円追加で支払う必要があるというわけですね。

 

特定封筒の場合

特定封筒とはレターパック封筒やスマートレター封筒のことです。

 

レターパックは2種類あり、どちらも信書なども送ることが出来ます。
4キロ以内のものを全国一律料金で、追跡サービスも付いています。

 

青い封筒:厚さ3センチまでで、郵便受けに投函してもらいたい場合(360円)

赤い封筒:厚さ3センチ以上で、対面で配送してもらいたい場合(510円)

 

スマートレターはA5サイズ、1kgまで全国一律180円で信書も送ることができるサービスです。
追跡サービスは付いていません。

 

切手を特定封筒に交換する場合は手数料が41円かかります。
例えば360円の青いレターパック1枚と交換してもらう場合は52円切手なら7枚必要になります。おつりはでませんのでご注意ください。

 

切手の場合

他の切手と交換して貰いたい場合は、10円未満の切手ならその半額料金、それ以上の切手なら1枚5円の手数料がかかります。
ただし、特殊切手とは交換することができません。

 

特殊切手とは各種行事その他を記念する等特殊の目的で随時発行する郵便切手のことです。
グリーティング(シール式)切手、年賀切手、寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手、ふるさと切手およびフレーム切手なども含まれます。

 

ちなみに、余ってしまった切手以外にも書き損じてしまったはがきなども手数料を払えば新しいものに交換してくれたりもします。

 

このように、郵便局では一定の手数料さえ払えば切手などを同額の他の商品と交換することが出来ます。
しかし、現金での「払い戻し」や「換金」という形では行っていないので、切手を郵便局に買い取ってもらうということは出来ません。

 

状態が悪い切手や使用済の切手は売れる?

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

切手コレクションは海外ではKing of Hobbies(趣味の王様)と言われるほど、世界中で人気のある趣味の一つです。

 

日本でも、1960年代からブームが訪れ、昭和の時代に流行った趣味といえば、切手コレクションと言われるくらいに盛り上がりました。
ピンセットで丁寧に切手を挟んで、切手ファイルに大事にファイリングしたご経験のある方も団塊の世代の方には多いのではないでしょうか。

 

そんな切手ですが、今では中国でブームが訪れてからもう50年以上経ち、その人気もやや下火に。
今では、切手コレクターもあまり見かけなくなりました。

 

どちらかというと、現在ではブーム時に集めた昔の切手を売るという人も多いです。

 

年齢を重ね、家の整理をし始めて見つけた写真アルバムなどの思い出の品の中にあった切手ファイル。
譲る人もいないし、このまま捨ててしまうのはもったいないというのが主な理由です。

 

そこで明暗を分けるのが、保管状態
家にずっとしまってあった切手、状態良く保管されていたでしょうか?

 

状態が悪い切手について

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

基本的に状態が悪い切手であっても売れます。
ただ、高額買取は期待はあまり期待しないほうがよいでしょう。

 

もちろん、切手も状態によっては売れないケースもあります。
使用できないぐらいの致命的なダメージがあるものは残念ながら買取をして貰えないこともあります。

 

切手は表面部分に破れや剥がれなどの致命的なダメージが付かなければ価値があるとみなされますが、材質が紙ですのでとても繊細で取扱いに注意が必要です。
ですので、切手収集といえばよくピンセットで指紋がつかないように丁寧に切手を挟み、ファイリングをしているイメージが強かったりしますよね。

 

保存状態を良く保つことは切手を売る時に気をつけることでとても重要です。

 

状態の判断についてはその買取店によって基準が違いますので、売ることができるかどうか不安な場合は複数の切手買取専門店に査定をお願いしてみるといいと思います。

 

中には、切れている切手は一切買い取らないとしているところもありますので・・・。

 

使用済切手(消印つき切手)

切手を売る前に読むサイト【損しない切手の売り方とは】

ちなみに、使用済み(消印つき)の切手が売れるかどうか気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、結論から言って使用済みの切手を買い取ってくれるお店はたくさんあります

 

希少価値の付いたレアな切手であれば、いくら使用済みの切手であっても価値があるので切手コレクターに需要があるのです。
むしろ、使用済みの切手だけを集めているコレクターも多く存在します。

 

郵便局がコレクター用にあえて消印を押した切手を販売するというケースもあるぐらいです。
切手は消印とセットになったほうが価値がある場合も多く、切手よりも消印のほうに価値があるという切手も存在するくらい消印の価値は高いようです。

 

ちなみに、どこで押されている消印なのかというところでも価値は変わってくるということもあるみたいですよ。
奥が深い世界ですよね。

 

ですので、使用済みの切手だから価値が無いと思い込んで捨ててしまうのは勿体ないかなと思います。